SERVICE
事業内容

型枠解体とは、型枠に流し込んだ
コンクリートが充分に固まり、建物の骨組みができたら、
不要となった型枠を解体し、
取り除くことを型枠解体と呼びます。
型枠解体は、建物を取り壊すような作業ではなく、
コンクリートで躯体を造る際の最後の工程を指します。
型枠に流し込んだコンクリートが固まり、
十分に強度が出た時点でコンクリートの形成に
使用したコンパネなどを剥がして、
片付ける作業のことを一般的には型枠解体といいます。

型枠解体の流れ

  • STEP01

    鉄パイプ・金物外し
    型枠に流し込んだコンクリートが固まった時点で、
    型枠を剥がしていきます。
    鉄パイプ・金物外しは、型枠解体における初めの作業になります。
  • STEP02

    脱型作業
    脱型作業とは、固まったコンクリートから
    型枠を取り外す作業のことを指します。
  • STEP03

    パイプサポートの解体
    ステップ3では、スラブ(天井・床)の型枠を押さえている
    パイプサポートの解体を行います。
  • STEP04

    スラブ型枠の脱型作業
    スラブの型枠の脱型作業を行います。
  • STEP05

    片付け・清掃〜明け渡し
    型枠解体作業が終了しましたら、後片付けや清掃をスタッフ一同
    徹底的に行っております。
    この後施工に携わる仕上げ業者が作業しやすいように、
    丁寧にキレイに片付けます。